banner

自転車の鍵開け

自転車の鍵開けは業者に依頼できるのか

日常生活の中で鍵を使う場面は非常に多くあります。
現代であれば鍵が付いていない家というのはありませんし、また自動車のエンジンをかけるのにもキーが必要です。
普段だと中々意識をしないものですが、現代では誰しもが何本も鍵を持っているのです。
そして子どもからご老人まで、年齢性別を問わずに多くの人が持っているのが自転車です。
しかしこのキーは非常に小さいために特に無くしやすいもののひとつであり、特に毎日移動に使っているという場合にはキーを紛失してしまって乗ることができなくなったという経験をした人が少なくありません。
鍵のトラブルに対応できるのが鍵屋ですが、ではそれが自転車のキーであっても開けることはできるのでしょうか。

これについては正直なところ、それぞれの業者によるとしか言えない部分があります。
鍵開けの業務を主体として営業している事業者は住宅、自動車などを対象としている部分が大きく、自転車などに関してはそもそも対応することを想定していないということもあります。
もし業者が対応をしていないのであれば、そこで無理を言って対応をしてもらうということも難しくなります。
ただ、自転車のキーというのは構造が非常にシンプルです。
一般的に後輪部分についているものに関してはデッドボルト、つまり金属の棒が中に入っていて、純正キーを差しこめばデッドボルトを定位置に抑えている金具が動き、デッドボルトがバネの力で引き戻されるという構造になっています。
キーに刻まれた凹凸はこの金具を押しこむために適した形に作られており、金具をカバーしている部品の穴の形状が違うというだけです。
これと構造が似た鍵にはレバータンブラー錠と呼ばれる物がありますが、それとは比較にならないほどシンプルな構造です。
そのためコツさえ事前につかんでおけば、適した道具を使うことで簡単に解錠することができます。
手慣れた人だとマイナスドライバーが一本あれば開けることもできるわけですから、特別な工具が無くとも対応することは可能です。
また、もしワイヤーロックなどの鍵を無くしてしまったという場合には破壊して解錠することもできます。
ワイヤーロックだとワイヤーカッターを使って切断してしまうのが最も簡単ですが、ダイヤル式であれば破壊しなくとも解錠できることがあります。

こうしたことを踏まえると、もし自転車のキーを無くしてしまったという場合には、まず近くの鍵屋に連絡をしてみるのも手段の一つと言えます。
ただ先にも述べたように対応していないことも非常に多いため、あまり無理を言わず、出来ないと言われたら別の業者を当たるようには心がけておきましょう。

Copyright(c) 2010 鍵開けは幅広く可能であるAll Rights Reserved.