banner

最近の投稿

鍵屋以外の鍵開け

鍵開けは鍵屋以外がやっても良いのか

現在製造されている鍵は一部を除いた全てがピッキングと呼ばれる手法で開けることができます。
ピッキングというのは鍵穴の中にピックを差しこんで外部から解錠する手法であり、実際に行うには高度な知識と熟練が必要です。
しかし昔に作られたピンタンブラー錠などの場合は構造がシンプルであるため、しっかりと練習をした人が作業をすれば5分程度で簡単に開けることができるのです。
2000年代以降の日本ではこのピッキングによる窃盗被害が多発したために防犯性能の高い鍵への交換が進んだのですが、それでもまだピンタンブラー錠を使用している家屋は少なくありません。

さて、こうしたことを知っていくとまず考えることになるのが「鍵屋でなくても鍵は開けられるのではないか」ということです。
ではこれは実際にはどうなのかというと、先に述べたようにしっかりと練習をすれば鍵屋で無くとも解錠をすることは十分に可能です。
100円均一で販売されているような南京錠であれば鉄製定規を切削してピックを作れば解錠の練習もできるようになりますし、大まかな構造に関しては住宅のピンタンブラー錠も同様であるため、解錠をすることはできます。
ただしかし、ここで必ず知っておかなくてはならないのが法律に関してです。
特に平成15年9月にはピッキング対策法と呼ばれる法律が制定されており、この法律の中では正当な理由がある場合を除いてピッキング用具を所持・携帯することを禁止するという規定があります。
所持・携帯が禁止されるピッキング用具としてはピッキング用のピック、携帯が禁止されるものとしてはバールやドライバーなどの指定侵入工具が該当します。
鍵屋として営業をしている事実があればこうしたものを所持・携帯することは認められますが、そうではない個人であれば認められることはありません。
違反した場合には1年以下の懲役、又は50万円以下の罰金が罰則として科せられます。

そのため鍵開けを鍵屋以外が行うことは決して不可能なことではないものの、しかしながら実際に行うことは出来ないということになります。
かつてまでは自宅で趣味として行う程度であれば慣習上問題ないとされていましたが、明らかにピッキングにしか使わないピックなどに関しては単純所持すら禁止されているため、もしそれが見つかったのであれば逮捕されることもあり得ます。
インターネット上などにはさまざまな形でピッキングにまつわる情報が流れてはいますが、実際に行えば違法の行為となります。
そのためもし興味があったとしても、他人の所有物の鍵はもちろんのこと、自分が所持する鍵でも行わないようにしましょう。

金庫の鍵開け

金庫の鍵開けは業者に依頼するしかない

鍵開けのトラブルというのは本当に様々なケースがあり、トラブルの内容によっては自分一人でも解決出来ることがあります。簡単なトラブルなら鍵を自分でピッキングしたり、チェーン式なら切ってしまうなど、色々と対処方法を考えることが出来ます。しかしながら、自分ではどうがんばっても解決することが出来ないパターンとして金庫があります。これは家庭で使うタイプのものはキーとダイヤルがセットになっている、又はダイヤルだけなど、いろんなタイプがありますが、厄介なのがダイヤルです。映画の世界でも金庫破りなどを見ることがありますが、現実の世界でこれを見たことがある人はかなり少ないと思います。専門の業者に依頼しますと金庫の鍵開けもしっかりと対応してもらうことが出来るので、もしダイヤルの番号を忘れてしまった場合やキーを失くしてしまった場合は業者を探して依頼してみると良いです。

鍵開けをしている業者は探してみると色々な会社を見つけることが出来ます。会社によっては全国に対応している会社もあるので、基本的にはどのような地域に住んでいてもしっかりと業者を発見することは可能です。金庫の場合、このトラブルに対応できる業者を見つけることが必須なので、しっかりと業者の情報を調べて依頼するところを選ぶようにしましょう。自宅の扉など、簡単な作業だけを行っている業者も当然ながらあるので、トラブルの内容から好ましい業者を見つけることは必要です。近所にこうした業者が無いという人はインターネットから調べると良いです。上記で紹介したように全国対応の会社があるので、そうした会社ならしっかりと鍵のトラブルを解決してくれます。また、全国対応で24時間対応という非常に便利なサービスを提供している業者もあるので、地域や時間に関わらずいつでも鍵のトラブルを任せることが出来ます。このような業者もあることを覚えておくとトラブルに遭遇した時にしっかりと解決出来ます。

金庫というのは貴重品を入れるための物であり、これを開けることが出来ないと本当に困ります。鍵開けのスペシャリストなら、頑丈なセキュリティでも簡単に破ることが出来るので、諦めずに業者を探して依頼すると良いです。費用については本当に作業内容次第であり、これは業者によっても設定料金が違うので、見積もりから判断するしかありません。電話からでも簡単な見積もり価格を教えてもらうことが出来るので聞いてみると良いです。

業者の店舗場所

鍵開け業者の店舗はどこにあるのか

鍵開け作業を依頼する業者、いわゆる鍵屋というのは全国各地にあります。
鍵のトラブルが発生した時には全国どこであってもどこかの業者を呼ぶことができますし、中には各地域にチェーン店という形で店舗を出店する業者も出てきました。
しかしそこで気になるのが、その業者はどこに店舗を出しているのかということです。
街中を歩けばいくつかを見つけることはできますが、実際にインターネットで調べてみると街中で見つけるよりも遥かに多くの業者が活動をしていることが分かります。
その中ではどうしても、実際に営業を行っている業者の数と実際に見つけられる店舗の数が違うのです。

では鍵開け業者の店舗がどこにあるのかというと、実はこれは「お店が無い」ということが少なくないのです。
こうしたことは中々他の事業だと考えにくいことです。
飲食店だと食事を提供する場所が必要ですし、機械修理業者も事務所を設置するのが普通です。
しかしここで大きな違いとなってくるのが、鍵開け業者の事業に必要なリソースの少なさが出てきます。
事業者が事業所を設置する理由はいくつもありますが、その中でも重要になるのが「人員管理」と「設備管理」、「在庫管理」の三つです。
事業所で人を雇っているのであれば従業員を常に自宅待機させるよりも事務所で待機させたり、書類作業にあたらせた方が効率的ですし、設備や在庫に関しても一カ所に集約する方が効率的です。

しかし鍵屋の場合、この基本が当てはまらないことが多いのです。
従業員に関しては一人で全てを行っていることも珍しくはありませんし、従業員規模が100人を超えるということは早々ありません。
くわえて設備に関しても大がかりな機材は必要なく、住宅のガレージでも保管できるような量しかないこともあります。
そして在庫に関しても、そもそも鍵開けをメインで請け負っているのであれば、万が一の際に対応できる交換用の鍵がいくつかあれば良いということになります。
実際のところ、こうした鍵開けを事業として営む人の中には自宅を事務所にしていることが少なくありません。
そうした業者だと依頼に応じて自宅に保管している機材を車に乗せ、そこから現場へ向かうということになります。

一見すると鍵屋の店舗というものはなかなか見当たりませんが、その背景にはこうした事実があるのです。
そしてお店が無いからという理由だけで能力を推し量ることができるような業界でもありません。
一つの場所で営業しているということは信用の理由にはなりますが、この業界は他の業界と比べても特殊な業務を請け負っているだけに、こうした違いがあるのだとして理解しておきましょう。

Copyright(c) 2010 鍵開けは幅広く可能であるAll Rights Reserved.