banner

ダイヤル式の鍵開け

ダイヤル式でも鍵開けを依頼することができます

鍵には様々なものがありますが、その中でも比較的金庫などに使用されることが多いのがダイヤル式と呼ばれるタイプです。
これは鍵を鍵穴に差し込んでから回して開けるものとは異なり、事前に解錠用の番号やパターンを覚えていなくてはなりません。
そのため鍵を紛失するということは無いのですが、中には久々に金庫を開けようとして入力をしても番号を忘れてしまっていたり、正しい番号を入力しているのに飽かないと言ったトラブルに見舞われることもあります。
ではそうした場合にはどうすれば良いのかというと、やはりもっとも確実になるのは専門業者に依頼をすることです。

まずダイヤル式の鍵を開ける作業というのは、実はかなり高度な知識と技術が必要です。
通常のピンタンブラー錠だと内部のピンを押し上げてやれば解錠することができますが、ダイヤル式はそうもいきません。
そもそも内部のピンに外側からアクセスすることが出来ないのですから、ダイヤルを操作して開けるほかないのです。
実際にどのように作業をするのかということについてはそれぞれの金庫のタイプによって異なりますが、ほとんどの場合は単純なピンタンブラー錠を開けるよりも高額な作業費が請求されることになります。
こうしたことを知ると中々専門業者を呼ぶことはためらわれることもあるのですが、しかし金庫の鍵に関しては専門業者に呼ぶのが最も安く上がることがほとんどです。
「何度も試せばいつかは解錠できる」と考えて、解錠できない状況で何十回もダイヤルを操作する人もいるのですが、それは時として非常に面倒な状態を引き起こします。
その状態というのが「リロッキング」という状態です。
金庫に求められるのは何よりも「不正に解錠されないこと」です。
そして金庫が生体認証でも付けていない限り、外部から適当な操作をされるということは不正な解錠だとして判断する材料になります。
そう判断された場合にはリロッキングの機構が動作をし、プロであっても解錠に時間がかかる状態になってしまうのです。

金庫のタイプや鍵屋の腕前によってはリロッキングが動作していても解錠することができるケースがありますが、そうではないのであれば「破壊解錠」と呼ばれる手段しかありません。
破壊解錠はその名の通り金庫そのものを破壊して解錠をすることになりますから、その後には金庫の買い替えをしなくてはならなくなるでしょう。
そのため金庫が開かないというのであれば、なるべく早い段階でプロに作業を依頼するようにしましょう。

Copyright(c) 2010 鍵開けは幅広く可能であるAll Rights Reserved.