banner

業者の店舗場所

鍵開け業者の店舗はどこにあるのか

鍵開け作業を依頼する業者、いわゆる鍵屋というのは全国各地にあります。
鍵のトラブルが発生した時には全国どこであってもどこかの業者を呼ぶことができますし、中には各地域にチェーン店という形で店舗を出店する業者も出てきました。
しかしそこで気になるのが、その業者はどこに店舗を出しているのかということです。
街中を歩けばいくつかを見つけることはできますが、実際にインターネットで調べてみると街中で見つけるよりも遥かに多くの業者が活動をしていることが分かります。
その中ではどうしても、実際に営業を行っている業者の数と実際に見つけられる店舗の数が違うのです。

では鍵開け業者の店舗がどこにあるのかというと、実はこれは「お店が無い」ということが少なくないのです。
こうしたことは中々他の事業だと考えにくいことです。
飲食店だと食事を提供する場所が必要ですし、機械修理業者も事務所を設置するのが普通です。
しかしここで大きな違いとなってくるのが、鍵開け業者の事業に必要なリソースの少なさが出てきます。
事業者が事業所を設置する理由はいくつもありますが、その中でも重要になるのが「人員管理」と「設備管理」、「在庫管理」の三つです。
事業所で人を雇っているのであれば従業員を常に自宅待機させるよりも事務所で待機させたり、書類作業にあたらせた方が効率的ですし、設備や在庫に関しても一カ所に集約する方が効率的です。

しかし鍵屋の場合、この基本が当てはまらないことが多いのです。
従業員に関しては一人で全てを行っていることも珍しくはありませんし、従業員規模が100人を超えるということは早々ありません。
くわえて設備に関しても大がかりな機材は必要なく、住宅のガレージでも保管できるような量しかないこともあります。
そして在庫に関しても、そもそも鍵開けをメインで請け負っているのであれば、万が一の際に対応できる交換用の鍵がいくつかあれば良いということになります。
実際のところ、こうした鍵開けを事業として営む人の中には自宅を事務所にしていることが少なくありません。
そうした業者だと依頼に応じて自宅に保管している機材を車に乗せ、そこから現場へ向かうということになります。

一見すると鍵屋の店舗というものはなかなか見当たりませんが、その背景にはこうした事実があるのです。
そしてお店が無いからという理由だけで能力を推し量ることができるような業界でもありません。
一つの場所で営業しているということは信用の理由にはなりますが、この業界は他の業界と比べても特殊な業務を請け負っているだけに、こうした違いがあるのだとして理解しておきましょう。

Copyright(c) 2010 鍵開けは幅広く可能であるAll Rights Reserved.